発達障害児の特徴!「朝の支度が遅い」を治す方法


「朝の支度が遅い」の治し方

発達障害の人の特徴のひとつに「朝の支度が遅い」ということがあります。なぜ、発達障害の人は、朝の支度が遅いのでしょうか。その原因は? 心理は? どうしたら、それを治すことができるのでしょうか。 ...

朝の支度が遅い人がいます。朝起きても、体や頭が動かず、ダラダラと時間だけが過ぎてしまう。ボーッとひたすらテレビばかり見続け、まったく支度がはかどらない。その結果、遅刻してしまう・・。

そのような症状は、発達障害の中でも、ADHD(注意欠陥多動性障害)の人に見られます。なぜ、ADHDの人は、朝の支度が遅いのでしょうか。

関連記事
【発達障害】「数がうまく数えられない」の直し方
発達障害の共通点 「すぐ泣く」を直す方法
発達障害の特徴!「しつこい」の対処方法
発達障害の特徴!「球技が苦手」の原因

ADHDの人は、神経伝達物質のひとつ「ドーパミン」が通常よりも少ないと言われています。ドーパミンの少なさは、集中力や注意力の低下のほか、「やる気」にも関わります。ADHDの人は、ドーパミンが少ないために、朝、エンジンがかかりにくいのです。

そんな発達障害の人に、してはいけないことがあります。 [...]


このページを見た人は、以下も参考になったと言っています
すぐわかる!ADHDチェック

カテゴリ一覧